桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

沢村一樹も佐藤浩市も本田博太郎も 2世俳優が佃煮みたいだ

公開日: 更新日:

 沢村一樹の息子、野村大貴が「メンズノンノ」モデルオーディションでグランプリを受賞したとか。19歳、187センチの高身長は父親譲り。歴代先輩には成田凌清原翔ら人気俳優が多く、野村もいずれその道に進むのでは。

 また、現在NHK朝ドラ「スカーレット」で大島優子演じる照子の夫・敏春を演じている本田大輔はシリアスからコミカルまでクセの強い演技で知られる本田博太郎の息子だし、木村拓哉主演のドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)で下っぱの芹田公一を演じている寛一郎は佐藤浩市の息子だ。さらに、店の先行きに不安を覚えて辞めるスタッフの役を演じていた三浦獠太は三浦カズの長男とか。TBSは夏放送の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」でも選手役で林家正蔵の息子・林家たま平、蓮舫の息子・村田琳を起用し、千葉真一の次男・真栄田郷敦も重要な役どころで出演していた。郷敦は長男の新田真剣佑に負けず劣らず、目鼻立ちがくっきりしたイケメンで注目度抜群。「ノーサイド・ゲーム」の時は役づくりで体重を20キロも増量したというから、根性が違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る