駿河太郎「べしゃり暮らし」好演 “鶴瓶の息子”返上する日

公開日: 更新日:

 劇団ひとり(42)の初の連ドラ演出で話題になっている「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系土曜夜11時15分)。原作は同名のコミックで、間宮祥太朗(26)と渡辺大知(29)が演じる高校生漫才コンビの奮闘と成長を描いているが、「なかなかいい味を出している」と業界内で評判なのが、駿河太郎(41)だ。人気漫才コンビの「ボケ」の方を演じている。

笑福亭鶴瓶(67)の息子ですから、芸人の世界には通じているでしょうが、それにしても達者な演技です。主演の間宮の才能に期待しつつ、厳しく接する場面がたびたび出てくるのですが、演出の劇団ひとりから『怖すぎます』と言われたというほど、堂に入っています。駿河のひと癖ある芸人っぷりがドラマ全体の雰囲気を引き締めているし、駿河にも合っている」(テレビ誌ライター)

 駿河はもともとミュージシャンで、2003年に「taro」名義でメジャーデビューしたものの、さっぱり売れずにバイト生活だった。30歳の時に「東映映画大学」のオーデションに合格し、俳優に転向。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る