駿河太郎「べしゃり暮らし」好演 “鶴瓶の息子”返上する日

公開日: 更新日:

 劇団ひとり(42)の初の連ドラ演出で話題になっている「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系土曜夜11時15分)。原作は同名のコミックで、間宮祥太朗(26)と渡辺大知(29)が演じる高校生漫才コンビの奮闘と成長を描いているが、「なかなかいい味を出している」と業界内で評判なのが、駿河太郎(41)だ。人気漫才コンビの「ボケ」の方を演じている。

「笑福亭鶴瓶(67)の息子ですから、芸人の世界には通じているでしょうが、それにしても達者な演技です。主演の間宮の才能に期待しつつ、厳しく接する場面がたびたび出てくるのですが、演出の劇団ひとりから『怖すぎます』と言われたというほど、堂に入っています。駿河のひと癖ある芸人っぷりがドラマ全体の雰囲気を引き締めているし、駿河にも合っている」(テレビ誌ライター)

 駿河はもともとミュージシャンで、2003年に「taro」名義でメジャーデビューしたものの、さっぱり売れずにバイト生活だった。30歳の時に「東映映画大学」のオーデションに合格し、俳優に転向。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る