「スウィングガールズ」何度見てもまた見たくなる音楽映画

公開日: 更新日:

 本作は「フラガール」(2006年)と同じ少女たちのプロジェクトX。この種の映画は登場人物の死で感動させるのが常套(じょうとう)手段だが、矢口監督はそんな湿っぽい手口は使わない。女子プロレスに見られる過剰な根性論や女のイジメとも無縁。ひたすら笑わせて観客を引っ張っていく。

 見どころはラストのコンクール。異色のジャズウイメンがB・グッドマンでおなじみの「シング・シング・シング」を披露。ビッグバンドの迫力に観客は総立ちだ。奏者にスポットライトが降り注ぎ、小澤は客席でタクトを振る。良江のトランペット、友子のテナー。鳴り響く手拍子。踊るあほうに見るあほう。よくぞこの名曲を選んだ。J・コルトレーンではないが「サンキュー、ガッド!」と叫びたくなる。

 演奏は素人芸だが、何度見てもスイングしてしまう。何度見ても元気が出る。何度見てもまた見たくなる。こんな音楽映画はほかにない。

(森田健司)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る