「夜の蝶」京マチ子と山本富士子が火花バチバチの名演技

公開日: 更新日:

1957年 吉村公三郎監督

 田中澄江が脚本を担当。ホステス紹介業の秀二(船越英二)を狂言回しにした水商売の裏物語だ。

 銀座でバー「フランソワ」を経営するマリ(京マチ子)は内心穏やかでなかった。舞子上がりのおきく(山本富士子)が京都から進出してきたからだ。実は7年前、マリの夫がおきくを愛人にし、マリはその浮気現場に踏み込んだ過去があった。ホステスやママ連中が注視する中、おきくの店はオープンする。

 フランソワは各界の実力者が足しげく通う店。そこには東京への出店を狙う関西系百貨店の白沢社長(山村聰)やその取り巻き、政治家らの姿がある。白沢は政治家を抱き込んだつもりだったが、身内の裏切りで計画が頓挫。おきくは資金援助している若き医学研究者の原田(芥川比呂志)との結婚を夢みているが……。

 華やかな銀座を舞台に、夜の蝶たちが男とカネをめぐって争うドロドロの愛憎劇だ。京マチ子と山本富士子は弁舌あざやか。2人の滑らかなセリフ回しで物語が小気味よく進行する。特に山本がうまい。マリは宿敵のおきくに辛辣な皮肉を連射する。当時の世界情勢ではないが、女たちの「東西冷戦」は緊迫感十分だ。おきくが原田に真意を告げられる雨の夜の情景も心に残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る