「夜の蝶」京マチ子と山本富士子が火花バチバチの名演技

公開日: 更新日:

1957年 吉村公三郎監督

 田中澄江が脚本を担当。ホステス紹介業の秀二(船越英二)を狂言回しにした水商売の裏物語だ。

 銀座でバー「フランソワ」を経営するマリ(京マチ子)は内心穏やかでなかった。舞子上がりのおきく(山本富士子)が京都から進出してきたからだ。実は7年前、マリの夫がおきくを愛人にし、マリはその浮気現場に踏み込んだ過去があった。ホステスやママ連中が注視する中、おきくの店はオープンする。

 フランソワは各界の実力者が足しげく通う店。そこには東京への出店を狙う関西系百貨店の白沢社長(山村聰)やその取り巻き、政治家らの姿がある。白沢は政治家を抱き込んだつもりだったが、身内の裏切りで計画が頓挫。おきくは資金援助している若き医学研究者の原田(芥川比呂志)との結婚を夢みているが……。

 華やかな銀座を舞台に、夜の蝶たちが男とカネをめぐって争うドロドロの愛憎劇だ。京マチ子と山本富士子は弁舌あざやか。2人の滑らかなセリフ回しで物語が小気味よく進行する。特に山本がうまい。マリは宿敵のおきくに辛辣な皮肉を連射する。当時の世界情勢ではないが、女たちの「東西冷戦」は緊迫感十分だ。おきくが原田に真意を告げられる雨の夜の情景も心に残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る