“一番美しい役”をやらねば…玉三郎が抱く現実への危機感

公開日: 更新日:

 今月は2作の新作歌舞伎が上演されている。歌舞伎座ではグリム童話を原作とした「白雪姫」、新橋演舞場では宮崎駿のコミックを原作とした「風の谷のナウシカ」。ともに、主人公は16歳の少女。69歳の坂東玉三郎が白雪姫、42歳の尾上菊之助がナウシカを演じている。女優では無理で、女形にしかできない「芸」だ。

「白雪姫」は日本では継母に殺される話として知られているが、原作では実母で、歌舞伎版はそれに基づく。玉三郎が脚本と演出にも関わり、シンプルだが考え抜かれた衣装とセットが美しい。

「小人」は「妖精」という設定に変え、透明感のある子役たちが大健闘。童話を大人の観客を対象とした演劇として上演するのであれば、社会風刺であるとか、大胆な新解釈をしたいという劇作家・演出家の芸術的欲求があるはずだが、ここにはそれはない。

 若さをなくし容姿が衰えつつある女が実の娘に嫉妬する話は、老いつつある美人女優と若い女優にそのまま置き換えられ、さらに歌舞伎の女形に移された――玉三郎が野分の前で、児太郎が白雪姫なら、そういう話になる。だが、違うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

もっと見る