8月納涼歌舞伎で手腕発揮「演出家」坂東玉三郎の面目躍如

公開日: 更新日:

 8月の歌舞伎座は納涼歌舞伎で、3部制。

 納涼歌舞伎は、中村勘三郎と坂東三津五郎が始めたもので、それぞれの家にとって重要な公演のはずだが、中村勘九郎は昨年に続いて大河ドラマの撮影のためか、出ていない。そのため弟の七之助が納涼歌舞伎での中村屋の場を死守すべく、3部制のすべてに出ている。

 その七之助を助けるのが坂東玉三郎。納涼歌舞伎は若手中心の座組なので、これまで出ていなかったが、今年は深く関わっている。

 第1部の古典「伽羅先代萩」では、女形の大役である政岡を初役で演じる七之助を指導し、第3部では「新版 雪之丞変化」を自ら演出、主演し、七之助を相手役に起用している。

 まさか、納涼歌舞伎で玉三郎を見るとは思わなかったが、出るからにはいままで誰もやっていないものを見せましょうという意気込みを感じさせる。この若さこそが、納涼歌舞伎のコンセプトにふさわしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る