手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

公開日: 更新日:

  ◇  ◇  ◇

 若い頃、俺がよく共演した女優のひとりが大原麗子だった。俺の代表作でもある「不良番長」シリーズにも何本か出てもらったし、それ以前は「いろ」「ダニ」「かも」なんて仮名2文字のシリーズ映画でも共演した。俺は女を食いものにする女衒のような役だったし、彼女は俺に弄ばれる側。

 他にも「夜の牝犬」「トルコ風呂」なんてすごいタイトルの映画でも共演している(笑い)。もともと麗子は映画デビュー前から「六本木野獣会」という芸能界の遊び人グループにも入ってたくらいで、かなりはじけた女ではあったんだ。

 じゃあ、手を出したんだろうって詮索されそうだけど、俺にとって麗子はストライクゾーンに入らないから。だってパイオツが全然ないだろ(笑い)。しかも、俺は同業の女には手を出さないのが基本ポリシー。でも、男女の仲じゃないから、お互い何でも話すことができた。まあ、俺にすれば妹みたいな存在だったかな。彼女も困ったことがあると、すぐに俺に相談してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る