碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

TBS系「義母と娘のブルース」綾瀬はるかという女優の人徳

公開日: 更新日:

 連ドラ「義母と娘のブルース」の放送は一昨年の夏だったから、綾瀬はるか演じる義母、宮本亜希子に会うのも久しぶりだ。

 第一の感想は「変わってないなあ」である。家でも外でもビジネスウーマンの姿勢を崩さない。何事にも戦略的に取り組むバイタリティー。そして他者の気持ちを思いやる優しさも、まったく変わっていない。

 見る側に「元気でいてくれてよかった」と思わせるのは、亜希子のキャラクターもさることながら、綾瀬はるかという女優の人徳みたいなものだろう。昨年の「紅白歌合戦」もそうだが、この人は何事にも一生懸命だ。

 今回のストーリーは、「捨て子騒動」と「子育て支援ビジネス」を軸とした、割とシンプルなものだった。随所に登場する、亡くなった夫にそっくりの男(竹野内豊)も、大きく筋にからんできたわけではない。もしも次回や今後があるなら、その時に使える駒として提示したような感じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る