正月SPドラマを日刊ゲンダイが採点 1位は「最後のオンナ」

公開日: 更新日:

 民放各局が放送した新春SPドラマの評判がいい。そこで本紙独自のランキングを。

 視聴率は4日、5日に放送された木村拓哉主演「教場」(フジテレビ系)の第1夜15・3%、第2夜15・0%、綾瀬はるかの「義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル」(TBS系)も16・0%を獲得した。定番の「相棒シーズン18 元日スペシャル」(テレビ朝日系)が16・7%と、いずれも高視聴率になった。

 独断で選ぶベスト3はテレビ東京系「最後のオンナ」、「教場」、TBS系「あしたの家族」。

「『最後のオンナ』は藤山直美主演で、岸部一徳、深津絵里香川照之と達者な役者の自在な演技に引き込まれました。しかも、家族ドラマなので最後までハートウオームな話かと思ったら、最後の最後で藤山演じる詐欺師に、岸部らがまんまと騙されるという話。大どんでん返し! やられたという感じでした」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る