正月SPドラマを日刊ゲンダイが採点 1位は「最後のオンナ」

公開日: 更新日:

 民放各局が放送した新春SPドラマの評判がいい。そこで本紙独自のランキングを。

 視聴率は4日、5日に放送された木村拓哉主演「教場」(フジテレビ系)の第1夜15・3%、第2夜15・0%、綾瀬はるかの「義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル」(TBS系)も16・0%を獲得した。定番の「相棒シーズン18 元日スペシャル」(テレビ朝日系)が16・7%と、いずれも高視聴率になった。

 独断で選ぶベスト3はテレビ東京系「最後のオンナ」、「教場」、TBS系「あしたの家族」。

「『最後のオンナ』は藤山直美主演で、岸部一徳、深津絵里、香川照之と達者な役者の自在な演技に引き込まれました。しかも、家族ドラマなので最後までハートウオームな話かと思ったら、最後の最後で藤山演じる詐欺師に、岸部らがまんまと騙されるという話。大どんでん返し! やられたという感じでした」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る