月収100万円…闇営業問題発端・カラテカ入江の意外な日常

公開日: 更新日:

 いまだ尾を引く「闇営業問題」。きっかけとなったカラテカ入江慎也(42)は吉本興業から契約を解除され、芸能界から離れたものの「今も変わらずおごってくれる“いい先輩”」(後輩芸人)なのだという。

 昨年の週刊女性の直撃取材には、清掃員のアルバイトを週6~7日と自身の会社・イリエコネクションのコンサル業をなりわいに、貯金を取り崩しながら生活していると答えていたが、少々事情が異なるようだ。

 後輩芸人によると入江は月に100万円程度の収入があり、都内の桜で有名なエリアの川沿いにある家賃25万円のマンション住まい。愛車はベンツで駐車場が月8万円。

「コンサルというか、人を紹介するような仕事で収入を得ているみたいで、部屋も生活もそれほど変わってないって言ってました。清掃バイトはみそぎの意味合いが大きいみたいで……今もおごってくれるし『それでも毎月30万円は手元に残る』と言ってました。清掃バイトだけじゃ僕たちみたいな売れない後輩の収入と同じですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る