月収100万円…闇営業問題発端・カラテカ入江の意外な日常

公開日: 更新日:

 いまだ尾を引く「闇営業問題」。きっかけとなったカラテカ入江慎也(42)は吉本興業から契約を解除され、芸能界から離れたものの「今も変わらずおごってくれる“いい先輩”」(後輩芸人)なのだという。

 昨年の週刊女性の直撃取材には、清掃員のアルバイトを週6~7日と自身の会社・イリエコネクションのコンサル業をなりわいに、貯金を取り崩しながら生活していると答えていたが、少々事情が異なるようだ。

 後輩芸人によると入江は月に100万円程度の収入があり、都内の桜で有名なエリアの川沿いにある家賃25万円のマンション住まい。愛車はベンツで駐車場が月8万円。

「コンサルというか、人を紹介するような仕事で収入を得ているみたいで、部屋も生活もそれほど変わってないって言ってました。清掃バイトはみそぎの意味合いが大きいみたいで……今もおごってくれるし『それでも毎月30万円は手元に残る』と言ってました。清掃バイトだけじゃ僕たちみたいな売れない後輩の収入と同じですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る