元俳優・唐渡亮さん 最高月収1億2000万円が伊豆の“村長”に

公開日: 更新日:

NHK朝ドラ「すずらん」で全国区の知名度に

 さて、1965年5月16日、大阪府茨木市に生まれた唐渡さんは、高校3年の時にスカウトされてファッションモデルに。その後、19歳の時に上京し、メンズ雑誌やファッションショー、イッセイミヤケの広告モデルにも抜擢された。

「そして25歳から、自己表現の幅を広げようと俳優への転身を図ったんです」

 注目を浴びたのは、雛形あきこ主演のドラマ「闇のパープル・アイ」(96年、テレビ朝日系)。さらに、ともさかりえ、鈴木紗理奈らが出演したドラマ「FIVE」(97年、日本テレビ系)など話題作に次々出演。遠野なぎこの出世作・NHK連続テレビ小説「すずらん」(99年)で遠野の恋人役を務めて知名度は全国区になった。

 だが好事魔多し。

「撮影中に声が出にくくなり、診察したら『喉頭腫瘍異型がん』のステージ4。それを隠して仕事を続け、約2年半の闘病中に計7回の手術を受けました」

 がんは寛解したものの、声帯は3分の1になったためハスキーボイスに。だがそれを持ち味に、一時はドラマや映画を常時3作4作と抱え、約20本のCMに出演。「最高月収は1億2000万円」と我が世の春を謳歌した。

 ところが、「20代はビールをチェイサー代わりに、ひと晩で大瓶1ケース(20本)なんてザラ」という酒豪ぶりが裏目に出た。09年8月、飲酒して交番で警官とトラブルになり、ドアを蹴飛ばしたため器物損壊で現行犯逮捕されてしまった。

「結局、不起訴にはなったのですが、不誠実だったとはいえ警官相手に激高したのは良くなかった」

 即日、レギュラー番組はもちろん、オファーされていた仕事も全てキャンセル。どん底に落ちた。

「そんな時でも手を差し伸べてくれるのが本当の親友です。人を見る目を養わせてもらいました」

 翌年に復帰。地道に芸能活動を続けていたところ、今回のオファーがあった。

「弊社ではさらに施設の拡充を予定しており、随時求人中です。年齢性別、職種は応相談。まずはHPをご覧になってお問い合わせください」

 住まいは車で約10分の3LDKマンション。

「バツイチなので一人暮らし。気楽にやってます。アハハハ」

(取材・文=高鍬真之) 

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  2. 2
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 3
    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

  4. 4
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  5. 5
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  1. 6
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 7
    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

  3. 8
    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット

    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット