ただいま中3で受験生 鈴木福くんが狙っている高校はどこ?

公開日: 更新日:

 都内のとある地下鉄の駅。ホームの端に隠れるように立ち、電車が来るまでなるたけ人目を避けるようにしている少年がいた。帽子と耳当てが一体となったパイロットキャップをかぶった少年の姿を見た若い女性は、「ハリー・ポッターのラドクリフ君みたいな子がいるね♪」「ホントだ。似てる♪」と喜々として噂している。だがその少年が誰なのかは分からないようだった。

 ホームに列車が滑り込んでくると、うつむき加減に乗り込んだその少年は、鈴木福くんだ。芦田愛菜ちゃんと一緒に「マル・マル・モリ・モリ!」を歌って踊っていたのはもう9年も前。春から高校入学を控えた15歳になっており、すっかり大人になった福くんに、気付く乗客はいなかった。

 現在は中学3年生。まさに受験シーズン真っただ中だが、福くんはどんな高校を狙っているのか。芸能関係者が語る。

「中学時代に野球部に所属していたこともあり、芸能活動がしやすい高校ではなく、野球部がしっかりした高校を受験するつもりのようです。あくまで公立が第1志望ですが、私立は甲子園も狙える強豪野球部がある高校も受けるそうです」

 福くんが控えでも甲子園出場なんてことになったら空前の盛り上がりになることは間違いない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差