桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

水谷豊は13歳で…テレビを支える意外な“子役上がり”の面々

公開日: 更新日:

 先日、「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日系)という深夜番組を見ていたら、「相棒」のパンダのカップでおなじみの山西惇が面白いことを言っていた。「水谷豊さんが石橋蓮司さんとお仕事されてる時に『俺たち2人とも子役上がりだからな』って言ってたよ……こんな子役上がりいる?」と。

 もうひとりのゲスト浅利陽介が子役出身(4歳でデビュー)ということから、子役の話題になったのだが、浅利は「残酷ですよ、顔が変わった途端にオファーがかかんなくなったりして。自分はなんとか顔が変わんなかったから」と子役から大人の俳優になることの大変さを語った。もっとも浅利は同じく子役上がりの濱田岳と顔や背格好が似ていることで、間違われることが多いとボヤく。確かに、石橋蓮司と水谷豊にはそのイメージはない。コワモテ俳優として知られる石橋は妻の緑魔子と立ち上げたアングラ劇団「第七病棟」が有名だから、てっきり学生演劇か何かの流れかと思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る