桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

水谷豊は13歳で…テレビを支える意外な“子役上がり”の面々

公開日: 更新日:

 先日、「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日系)という深夜番組を見ていたら、「相棒」のパンダのカップでおなじみの山西惇が面白いことを言っていた。「水谷豊さんが石橋蓮司さんとお仕事されてる時に『俺たち2人とも子役上がりだからな』って言ってたよ……こんな子役上がりいる?」と。

 もうひとりのゲスト浅利陽介が子役出身(4歳でデビュー)ということから、子役の話題になったのだが、浅利は「残酷ですよ、顔が変わった途端にオファーがかかんなくなったりして。自分はなんとか顔が変わんなかったから」と子役から大人の俳優になることの大変さを語った。もっとも浅利は同じく子役上がりの濱田岳と顔や背格好が似ていることで、間違われることが多いとボヤく。確かに、石橋蓮司と水谷豊にはそのイメージはない。コワモテ俳優として知られる石橋は妻の緑魔子と立ち上げたアングラ劇団「第七病棟」が有名だから、てっきり学生演劇か何かの流れかと思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る