いまや麻布十番の“観光大使” 派手なオジサンDJ KOOの憂鬱

公開日: 更新日:

「派手な服を着て面白いことを言うテンション高いサングラスのオジサン」――。これがDJ KOOに対する2000年以降に生まれた若者たちの率直な印象らしい。小室サウンド全盛期だった90年代を知らないのだから、TRFも知るわけがない。つまり今の若者たちの間では、DJ KOOはミュージシャンとしてではなく、バラエティータレントとして大人気だという。

 その人気の秘訣にもなっている服装とは裏腹な飾らない人柄について、DJ KOOがこよなく愛する港区麻布十番に住む女性が語ってくれた。

「KOOさんは麻布十番住民なら誰とでも気さくに挨拶してくれ、テレビや雑誌でも事あるごとに麻布十番を紹介してくれてます。自身も20年以上も住んでいて、観光大使的な感覚なのでしょう。ただ行きつけのドーナツ屋やそば屋も紹介してしまったせいで、知り合いのお店が人気になったのはいいけど落ち着ける店もなくなってしまった、と苦笑いしてましたね。だから今、KOOさんの行きつけになっているのは、麻布十番商店街の外れにあるファミレスのジョナサン。いつもの派手な服装で頻繁に通ってるみたいですよ(笑い)」

 あの服装でファミレスにいたら、さぞ目立つだろう。ジョナサンも人気店となり、DJ KOOがまた別の居場所探しをする羽目になる日も遠くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る