槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

公開日: 更新日:

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が、覚醒剤など所持の疑いで逮捕されたことで「作品と犯罪は別か否か」の論争が再び巻き起こっている。

 槇原容疑者はデビュー30周年を記念して、3月4日にはセルフカバーアルバム発売、夏にはベストアルバム発売、秋には全国ツアーを予定していたが、すべて中止となる見込み。所属事務所の「30周年特設サイト」は閉鎖し、ファンや関係者へのおわびが掲載されている。1999年に槇原容疑者が薬物で逮捕された際もCD発売は停止となり、その他のCDも販売店から回収された。

 こうした流れに対し、槇原容疑者が2003年にSMAPに楽曲提供した「世界に一つだけの花」についてSNS上では「この曲が聴けなくなるのは残念」「楽曲に罪はない」などと話題となっている。

 同曲は累計売り上げ300万枚を超え、平成30年間のシングルランキングで1位。小学生向けの道徳の教科書にも採用されているSMAPの代表曲だ。同時に槇原容疑者が1度目の逮捕後に復活を果たした象徴的な楽曲でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る