槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

公開日: 更新日:

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が、覚醒剤など所持の疑いで逮捕されたことで「作品と犯罪は別か否か」の論争が再び巻き起こっている。

 槇原容疑者はデビュー30周年を記念して、3月4日にはセルフカバーアルバム発売、夏にはベストアルバム発売、秋には全国ツアーを予定していたが、すべて中止となる見込み。所属事務所の「30周年特設サイト」は閉鎖し、ファンや関係者へのおわびが掲載されている。1999年に槇原容疑者が薬物で逮捕された際もCD発売は停止となり、その他のCDも販売店から回収された。

 こうした流れに対し、槇原容疑者が2003年にSMAPに楽曲提供した「世界に一つだけの花」についてSNS上では「この曲が聴けなくなるのは残念」「楽曲に罪はない」などと話題となっている。

 同曲は累計売り上げ300万枚を超え、平成30年間のシングルランキングで1位。小学生向けの道徳の教科書にも採用されているSMAPの代表曲だ。同時に槇原容疑者が1度目の逮捕後に復活を果たした象徴的な楽曲でもある。

「作品と罪」を巡っては、爆笑問題太田光(54)が「サンデー・ジャポン」(16日放送・TBS系)の番組内で「本当に難しい問題だが、“曲に罪はない”という言い方には違和感を感じる」とコメント。

「芸能とか音楽っていうのは人を悪くもするし、法律というのは文明の象徴。人間が野蛮じゃなくなるために決めたルール。だけど、そこに収まり切れない人間のいろいろな思いとかを表現するのが芸術だから、それに罪がある場合もあるんですよ」と持論を展開した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ