低調大河「麒麟がくる」けん引 川口春奈に訪れた“遅い春”

公開日: 更新日:

 初回こそ視聴率19・1%と好発進したものの、第4回以降は13%台に低迷していたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、3月1日放送の第7回で15・0%と大きく巻き返した。この回のタイトルは「帰蝶の願い」で、“前半で最大の見せ場”だったといわれている。

 話の流れはザッとこんな感じだった。駿河の今川義元(片岡愛之助)を警戒する織田信秀(高橋克典)が、美濃の斎藤道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決め、そのために嫡男・信長(染谷将太)の妻に道三の娘・帰蝶を迎え入れることを申し出る。そこで、帰蝶が幼なじみでほのかな恋心を抱く光秀(長谷川博己)に自身の尾張への嫁入りを止めてほしいと懇願する。この“懇願シーン”が話題となった。

 放送終了後、NHKには〈帰蝶の涙が思わず抱きしめたくなるほど美しかった!〉〈帰蝶役が芝居のできる川口さんで良かった〉などと、川口春奈(25)の演技を絶賛する声がたくさん寄せられたという。沢尻エリカ(33)の代役として“緊急登板”したにもかかわらず、座長の長谷川博己(43)を食うような存在感を見せつけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る