低調大河「麒麟がくる」けん引 川口春奈に訪れた“遅い春”

公開日: 更新日:

 初回こそ視聴率19・1%と好発進したものの、第4回以降は13%台に低迷していたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、3月1日放送の第7回で15・0%と大きく巻き返した。この回のタイトルは「帰蝶の願い」で、“前半で最大の見せ場”だったといわれている。

 話の流れはザッとこんな感じだった。駿河の今川義元(片岡愛之助)を警戒する織田信秀(高橋克典)が、美濃の斎藤道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決め、そのために嫡男・信長(染谷将太)の妻に道三の娘・帰蝶を迎え入れることを申し出る。そこで、帰蝶が幼なじみでほのかな恋心を抱く光秀(長谷川博己)に自身の尾張への嫁入りを止めてほしいと懇願する。この“懇願シーン”が話題となった。

 放送終了後、NHKには〈帰蝶の涙が思わず抱きしめたくなるほど美しかった!〉〈帰蝶役が芝居のできる川口さんで良かった〉などと、川口春奈(25)の演技を絶賛する声がたくさん寄せられたという。沢尻エリカ(33)の代役として“緊急登板”したにもかかわらず、座長の長谷川博己(43)を食うような存在感を見せつけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る