東出昌大が決死の“アポなし帰宅”…不倫騒動は収束するのか

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス騒動で世間の関心も薄れたのか、東出昌大(32)の不倫騒動がようやく収束に向かいそうだ。1月下旬に「週刊文春」が東出と唐田えりか(22)の不倫疑惑を報じ、不貞に深く傷ついた妻の杏(33)は幼い双子の娘と長男を連れて海外に行っていたという。その間、東出は家族と別居し、マンスリーマンションを転々としながら、主演ドラマ「ケイジとケンジ」(テレビ朝日系)の撮影に臨んでいた。

 杏は2月18日に文化庁主催のイベントの出席もあって帰国した。そのタイミングを見計らって、東出が妻子が暮らす自宅に“アポなし訪問”をかけたことを5日発売の「女性セブン」が報じている。同誌によれば、東出はヨリを戻すために杏に直接会って謝りたいと心から願っていたそうだ。しかし、電話に出てもらえず、LINEもブロックされているため、強硬手段に打って出たらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る