妻の不倫疑惑で“文春砲”…志らく「グッとラック!」の命運

公開日: 更新日:

 妻と弟子の不倫疑惑。“文春砲”を食らった落語家の立川志らく(56)が5日、自身がメインMCを務めるTBS系の朝の情報番組「グッとラック!」で、「夫婦の絆が壊れることもない。離婚することも1億%ない」と言い切り、「私ごときの話題で申し訳ない」と頭を下げてみせた。

 番組中の志らくの説明によると、18歳年下妻の酒井莉加さん(38)は「酒を飲むとわけが分からなくなっちゃう」タイプで、「ファンキー女将」なんて言われている。要するに、酔っぱらって志らくの弟子(25)とハグやキスなどの“不貞行為”に及んだところを、週刊文春(3月12日号)にスッパ抜かれてしまった、と言いたいようだ。

「MCという立場上、志らくさんの謝罪コメントは“正解”だったと思いますよ」と、TBS関係者はこう続ける。

「内心はどうか分かりませんが、MCとしては、世間を騒がせて申し訳ないし、夫として師匠として『監督不行き届きだった』とわびるしかないでしょう。志らくさん自身が『離婚しない』『妻を守る』と言っているわけですから、外野がとやかく言う問題でもない。ただ、朝の情報番組の視聴者は主婦層が中心。女性視聴者がそれを受け入れるかどうか、ですね」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗