大江裕が2年ぶりソロ「泥んこ大将」は師匠と二人三脚の応援歌

公開日: 更新日:

 2018年に事務所の先輩・北山たけし(46)と演歌ユニット「北島兄弟」を結成し、その活動が話題を呼んだ大江裕(30)。2月12日に約2年ぶりにリリースしたソロシングル「泥んこ大将」が多くの共感を呼んでいる。大江は〈つらい時こそ支え合い、明日は晴れるから〉と張りのある声で歌い上げる。それが職業や年代を問わず「励みになる」「元気をもらった」との声が届いているという。

北島三郎師匠が作詞・作曲を手掛けてくださったのですが、ちょうど作品を制作している頃に日本全国が台風や地震の被害に見舞われました。今回の曲には『今はつらくて大変な時期かもしれないけれど、きっと明るい未来が待っています。だから、みんなで力を合わせて頑張りましょう!』という師匠の熱いメッセージが込められています」

 大江自身も新曲リリースの大切な時期に、新型コロナの影響でコンサートの中止や延期を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る