安田美沙子に岡田結実 相次ぐ事務所“退所ラッシュ”の背景

公開日: 更新日:

 女性タレントの所属事務所退所が相次いでいる。11日付でモデルでテレビでも活躍していたヨンア(34)が、オスカープロモーションを退所。安田美沙子(37)は10日、第2子出産の報告と同時に、昨年、所属するアーティストハウスピラミッドとの契約を満了したことをインスタグラムで報告した。事務所側は係争中として退所を認めていないものの、出産についてはインスタグラムで知るほど関係は薄れていたようだ。

 前出のオスカープロモーションは、米倉涼子(44)や上戸彩(34)を輩出した「国民的美少女コンテスト」を主催し“美の総合商社”といわれる老舗。ところが昨年12月には忽那汐里(27)が退所、岡田結実(19)も今月末退所とタレントの流出が相次いでいる。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

SMAPなどジャニーズのタレントたちが続々と巣立つ中、自由に羽ばたいてもいい、というムードが出来上がってきたのは大きいでしょう。事務所を離れてもYouTuberなど活路を見いだした先人も増え、ネガティブではなくなりました。ただ、事務所を出たとき、自分の正しい評価にさらされ、厳しい現実を突きつけられることも多いはず。今、コロナ禍で芸能界も仕事は激減。金銭的な問題に即直面するタイミングでもあります。そこをチャンスととらえられるかどうかで道は大きく分かれるのでは」

 公正取引委員会も介入し、タレント側の自由が守られるようになった事務所退所問題。ひとりで歩いてみて初めてわかることも多いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る