安田美沙子に岡田結実 相次ぐ事務所“退所ラッシュ”の背景

公開日: 更新日:

 女性タレントの所属事務所退所が相次いでいる。11日付でモデルでテレビでも活躍していたヨンア(34)が、オスカープロモーションを退所。安田美沙子(37)は10日、第2子出産の報告と同時に、昨年、所属するアーティストハウスピラミッドとの契約を満了したことをインスタグラムで報告した。事務所側は係争中として退所を認めていないものの、出産についてはインスタグラムで知るほど関係は薄れていたようだ。

 前出のオスカープロモーションは、米倉涼子(44)や上戸彩(34)を輩出した「国民的美少女コンテスト」を主催し“美の総合商社”といわれる老舗。ところが昨年12月には忽那汐里(27)が退所、岡田結実(19)も今月末退所とタレントの流出が相次いでいる。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

SMAPなどジャニーズのタレントたちが続々と巣立つ中、自由に羽ばたいてもいい、というムードが出来上がってきたのは大きいでしょう。事務所を離れてもYouTuberなど活路を見いだした先人も増え、ネガティブではなくなりました。ただ、事務所を出たとき、自分の正しい評価にさらされ、厳しい現実を突きつけられることも多いはず。今、コロナ禍で芸能界も仕事は激減。金銭的な問題に即直面するタイミングでもあります。そこをチャンスととらえられるかどうかで道は大きく分かれるのでは」

 公正取引委員会も介入し、タレント側の自由が守られるようになった事務所退所問題。ひとりで歩いてみて初めてわかることも多いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る