東出“謝罪会見”で何語る?「ケイジとケンジ」続編のカギに

公開日: 更新日:

 1月22日の不倫騒動発覚から約2カ月。主演ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)が12日に最終回を迎えた俳優・東出昌大(32)が、ようやく公の場に姿を現す。

 東出は、ドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」(20日公開)でナビゲーターを担当。都内で17日に行われる公開直前トークイベントに出席する予定で、不倫騒動について何らかの謝罪があるともっぱらだ。

「発覚直後に、東出の所属事務所が〈東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄〉などと“謝罪文”を発表したり、本人も週刊文春(2月27日号)の直撃に〈今一番苦しんでいるのは妻なので〉などと“独占告白”していますが、公の場で本人の口から直接話すのは、これが初めて」(芸能ライター)

「ケイジとケンジ」は今月9日に無事クランクアップし、12日に最終回を迎えて「ようやく東出の謝罪も“解禁”というわけです」と、芸能プロ関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る