城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

鈴木杏樹の涙の謝罪に貴城けいが入っていなかったモヤモヤ

公開日: 更新日:

 劇団新派の俳優、喜多村緑郎(51)との不倫が発覚した女優の鈴木杏樹(50)が、体調不良を理由に休んでいたレギュラーのラジオ番組に5週ぶりに出演し、反省と謝罪を自身の言葉で語った。「嫌な思いや不快な思い、残念な思い、傷つけてしまったり、裏切られた思いをさせてしまった方々に、心からおわび申し上げます」

 出演している舞台に花束や激励のメッセージが寄せられたことにも感謝した。

 いや、そこまで謝らなくてもと思ってしまうほどの内容と涙声だったのだが、その一方で、僕としてはモヤモヤと気になる部分が残ってしまった。彼女は「たくさんのお仕事関係の皆さまに多大なご迷惑をかけて申し訳ない」としたが、不倫相手の妻である、女優の貴城けいに対する直接の謝罪がなかった。

 それ以前の、不倫発覚直後の文書コメントも調べてみたが、やはり貴城への謝罪の言葉はない上、「お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり……」といったコメントがあって、まったく不倫に気付いていなかった貴城にショックを与えたといわれている。貴城はこのことで一時入院したという話も出たし、「鈴木杏樹を許せない」として弁護士をたて、慰謝料請求を検討しているということまで報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る