山口真帆問題が投げかけた“近すぎるアイドル”の曲がり角

公開日: 更新日:

 泥沼化していた元運営会社VS男性ファンのバトルに終止符が打たれた。

 アイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆(24)への暴行問題を巡り、元運営会社「AKS」(現ヴァーナロッサム)が、男性ファン2人に対し、昨年4月に3000万円の損害賠償を支払うよう求めていた民事裁判が今月8日、新潟地裁で和解した。

 男性2人は18年12月に山口への暴行容疑で逮捕され、その後不起訴となっていた。和解条項には、男性2人が運営側に陳謝し、合計240万円の損害賠償金を支払うことや、今後NGTを含むAKB48グループのイベントに参加しないことが盛り込まれている。

「裁判では、『公演中止で1億円以上の被害が出た』とする運営側と『(山口への)暴行の事実はなかった』とする男性側の主張が対立していました。和解により公開された男性側からの『謝罪文』には“NGT48メンバーが本件暴行等に関与しているかの如き誤解を招いたことにより、貴社のNGT48の運営に混乱を招き、支障をきたしたことについて陳謝します”の一文があります。『山口への暴行にメンバーの関与があったのかなかったのか』という問題で疑いをかけられたメンバーの汚名はそそがれた格好です」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る