本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

公開日: 更新日:

 レギュラー番組が全て高視聴率の“西の女帝”。NHK紅白にも出演し、「M―1グランプリ」審査員としても欠かせない重鎮、上沼恵美子さん。今も人気のABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」の構成を90年代に1年だけ担当させていただきました。

「海原千里・万里」デビュー当時から上沼さんをテレビで見ていた私としては憧れの存在。そんな方のラジオに付いてみて、圧倒的な“アドリブ”に驚愕し「この人はやっぱり天才やな」と改めて納得しました。

 当時はSNSなどなく、番組冒頭で「今日のテーマ」(「最近驚いたことは?」「ご近所困ったさん」等々)を発表して、リスナーから電話をもらい、10人の女子大生アルバイトオペレーターがメモに起こし、私がリライトして渡すと、あとは上沼さんが料理するという形でした。構成作家として現場に入っているときはモニターで放送を見聞きしながら、次の展開や言葉を自分で予想しているので、笑うことはまずないのですが、上沼さんのトークは毎回思わず噴き出してしまう。予想される展開よりも一呼吸も二呼吸も早くボケを持ってくる、オチをつけるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る