本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ブラマヨ小杉君はNSCの生徒時代から素人の声ではなかった

公開日: 更新日:

 NSCの講師になって今年で31年目。コロナ禍の影響でいまだ生徒たちとの対面授業はできていません。私の授業は、しっかり挨拶をすることと、言葉遣いに気をつけることを徹底した上で、あとは実践あるのみ。M―1やキングオブコントの予選に合わせて制限時間は2分に設定していますが、いつも決まって言うことは「好きなことをしなさい」です。そしてネタ、パフォーマンスを見て、私なりのアドバイスをする、この繰り返し。

 最初に「売れる」と感じたのはナイナイの岡村君、キングコングを組む前の西野君と梶原君、そして友近ちゃんの4人。でも私の見る目のなさに反して、今、何倍もの生徒たちが売れて、人気者になっています。卒業後にいい相方と出会い、とてつもない練習をし、チャンスを確実にしたたまものだと思います。

 また“売れる”とまでは確信できないものの「残れる」と感じた生徒は何人もいました。その代表格がブラックマヨネーズの小杉君です。後にコンビを組む吉田君もいいセンスがあり「残れる」とは思いましたが、小杉君を相方に選んだのもそのセンスの大きな要因でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る