産休から復帰のベッキー「ママタレ」仲間入りへの厳しい声

公開日: 更新日:

〈お仕事再開させていただきました〉――9日にそうツイートしたタレントのベッキー(36)。

 今年3月に第1子を出産し、産休から復帰したというわけだ。

「ベッキーがママタレの仲間入りと聞くと、感慨深いものがありますよねえ」と、ある在京キー局関係者がこう言う。

「週刊文春(2016年1月14日号)に“ゲス不倫”を報じられてから、もう4年以上でしょ。あの時は舞い上がっちゃっただけで、もともと素直でいい子なんですよ。巨人の片岡(治大)コーチと結婚して、子供も生まれて、とっくに“みそぎ”は済んだでしょう。ママタレとして“復活”してほしいなと思います」

 確かに、ママタレのライバルたちは勝手にコケていっている。

「ゲス不倫騒動があった3、4年前の好感度ママタレといえば、小倉優子木下優樹菜がトップを争っていましたが、小倉優子は“離婚危機騒動”がくすぶったままで、木下は“タピオカ騒動”と“縦読み不倫”で芸能界を引退。ママタレ戦線は辻希美の一人勝ちかと言われるほど、手薄な状況です」(スポーツ紙芸能担当デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  6. 6

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る