てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

怪物を仕切る団長安田こそ規格外のストイックモンスター

公開日: 更新日:

「明日以降の食事を考えないといけない……」(団長安田/TBS「水曜日のダウンタウン」7月22日放送)

 かつて、この番組で24時間自転車から降りずに乗り続けた安田大サーカスの団長安田(46)が、「我慢頂上決戦」に挑んだ。相手はスタッフから「少しお待ち下さい」と言われ、どれだけ待てるかの検証で6時間半無言で待ち続けたオードリー春日俊彰だ。

 いくら高温でも、通常なら46度程度で行われる熱湯風呂を49度(しかも1分ごとに1度上昇)で行う「超熱湯風呂対決」では「もう肌がただれてもこっから出ないです」と意気込み、「ただれろ!ただれろ、ただれろ、もう!」と気合を入れていた団長。沸騰おでんを食べきる「激熱おでん対決」が終わった後、「口の中大変なことになってるでしょ?」と聞かれて、返した言葉を今週は取り上げたい。団長は食事が難しくなるくらい頑張ってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る