嵐ようやく見えた“有終の美” 年内に無観客ライブ配信決定

公開日: 更新日:

 国立競技場で開催される嵐のコンサート「アラフェス 2020」が無観客ライブ配信で年内に開催されることが、15日明らかになった。同公演は当初5月15、16日に開催予定していたもので、ファンクラブ会員限定で開催日は未定。今回の年内開催決定で、嵐は既定路線の年内活動休止が確実になった。

 コロナ禍の影響で5大ドームツアーも現状中止。東京五輪の延期でNHKスペシャルナビゲーターの仕事も立ち消え状態で、活動休止を延期するのでは、といった臆測も飛び交い、メンバー内の不和も週刊誌等で度々取り沙汰されていた。同公演が決定したことで、嵐としてファンの前でのパフォーマンスは国立競技場のライブ配信で見納め、年末の紅白が最後のテレビ出演に。21年に五輪が開催されれば、期間限定で再結成するというスタンスになりそうだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。


「ゴールが明確になり、メンバーも結束力が高まったのでは。リーダーの大野智さんの絵の個展も、ジャニー喜多川さんの絵や、点描の大作に嵐のメンバー全員の名前が埋め込まれていたり、嵐のメンバーとしての集大成の色濃い作品ばかりでした。この決定であと3カ月半、ファンに支持されていた“グループ仲のいい”嵐を目に焼き付けることができるはず。コンサートがライブ配信になったことは逆にファンクラブの全員が同じ時間を共有できる新たなメリットもある。もしかしたら、海外のファンも含め、1回の公演で過去最高の売り上げを記録する可能性もある。嵐がどんな演出をするのか期待も高まります」

 ようやく見えた嵐の“有終の美”。活動休止の花道は史上最多数のファンが見守ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る