著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

亀梨和也「事故物件」好調 松竹とジャニーズの意外な関係

公開日: 更新日:

 亀梨和也主演の「事故物件 恐い間取り」が好調だ。現時点では、最終の興収で20億円以上が期待できる。大ヒットである。わかりやすく、浸透性のあるタイトルとタイトルどおりの中身が、かなり功を奏したとみえる。

 コロナ禍のただなか、「今日から俺は!!劇場版」や「コンフィデンスマンJP プリンセス編」など理屈抜きに楽しめるエンタメ映画が人気だ。「事故物件」も、その流れに乗ったと見ていい。亀梨の出演作品としては、11年前の「ごくせん THE MOVIE」(34億8000万円)に次ぐ大ヒットになった。

 注目したい点がある。本作の中身そのものではない。ジャニーズ事務所所属の俳優が映画主演する場合、東宝の配給作品が多いように感じるが、今回は松竹だということだ。多くの観客にとって配給が東宝だろうが松竹だろうが関係ないとは思う。ただ松竹の場合、東宝とは明らかに違う独自性があり、これがなかなかに興味深い。意外や松竹とジャニーズ事務所は“相性がいい”のではないか。そんなことを感じさせるのだ。まず、この5年ほどの興行成績を見てみよう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方