三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

現役最弱力士・服部桜のタニマチならなってみたいですねぇ

公開日: 更新日:

 今月30日まで浅草演芸ホールに出演してますので、週末お時間がありましたら皆さまのお越しをお待ちしてる三遊亭鬼丸です。

 さて大相撲11日目、ある力士が200敗目を記録しました。勝ち星はよく区切りでニュースになりますが、負け数でニュースになるのはなかなかないことです。なぜニュースになったかというとその力士が通算で3勝しかしてないから。その力士の名は「服部桜」。

 このしこ名でピンときた方も多いでしょう。そう4年前に相手力士の体の大きさにビビって立ち合い後すぐに手をつき負けようとするも審判部に認められず再度仕切り直し。次に自ら尻もち。これも認められず、その次はヘッドスライディングをして無気力相撲と厳重注意を受けて話題になった現役最弱力士です。

 後日談ではケガを恐れてたそうですが「怖いから負けちゃおう」という正直さが可愛いじゃありませんか。その事件以降、私は服部桜のことを毎場所気にかけてきました。辞めちゃうんじゃないか心配しながら。幸いに式秀親方(元北桜)のモットーが「明るく楽しく元気よく」という勝負事より人間形成を重視したおおらかな指導方針。先日おかみさんの行き過ぎた指導で弟子たちの集団脱走が話題になりましたが、相撲部屋にありがちな先輩力士のいじめやしごきのない部屋なのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  7. 7

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  8. 8

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る