三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

現役最弱力士・服部桜のタニマチならなってみたいですねぇ

公開日: 更新日:

 今月30日まで浅草演芸ホールに出演してますので、週末お時間がありましたら皆さまのお越しをお待ちしてる三遊亭鬼丸です。

 さて大相撲11日目、ある力士が200敗目を記録しました。勝ち星はよく区切りでニュースになりますが、負け数でニュースになるのはなかなかないことです。なぜニュースになったかというとその力士が通算で3勝しかしてないから。その力士の名は「服部桜」。

 このしこ名でピンときた方も多いでしょう。そう4年前に相手力士の体の大きさにビビって立ち合い後すぐに手をつき負けようとするも審判部に認められず再度仕切り直し。次に自ら尻もち。これも認められず、その次はヘッドスライディングをして無気力相撲と厳重注意を受けて話題になった現役最弱力士です。

 後日談ではケガを恐れてたそうですが「怖いから負けちゃおう」という正直さが可愛いじゃありませんか。その事件以降、私は服部桜のことを毎場所気にかけてきました。辞めちゃうんじゃないか心配しながら。幸いに式秀親方(元北桜)のモットーが「明るく楽しく元気よく」という勝負事より人間形成を重視したおおらかな指導方針。先日おかみさんの行き過ぎた指導で弟子たちの集団脱走が話題になりましたが、相撲部屋にありがちな先輩力士のいじめやしごきのない部屋なのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号