韓国人の映画好き人口は日本人の3倍 韓国映画躍進を支える

公開日: 更新日:

 外国語映画として史上初の米アカデミー賞・作品賞に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。加えて監督賞、脚本賞、国際映画賞(旧外国語映画賞)の計4冠を勝ち取る快挙に、日本からも喝采が送られたのは記憶に新しい。

 もっともそれ以前から、「韓国映画が面白い」という声はよく聞かれていた。なぜそう言われるのかを探る試みとして、日韓の映画市場を数字で比較してみたい。

 まず国内映画と外国映画を合わせた2019年の映画観客数は、韓国2億2668万人に対して日本1億9491万人。ざっくり人口比で換算すると、韓国人は日本人の約3倍の頻度で映画を見ている計算だ。同じく興行収入は、韓国1兆9140億ウオン(約1705億円)に対して日本2611・8億円。これも人口比で換算すると、韓国は日本の約1・6倍稼いでいることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る