韓国芸能界の“枕営業”や“性接待”は本当に存在するのか?

公開日: 更新日:

 ドラマ「愛の不時着」(2019年)にカメオ出演し、話題を呼んだ韓流女優チェ・ジウ。日本で「ジウ姫」と親しまれた彼女は約20年前、「枕営業でテレビ局の社長を腹上死させた」と噂されたことがある。

 しかし、結論から言うと、これはデマだった。相手とされた元MBC社長が01年に61歳で急死したのは事実だが、死因は夫人とのドライブ中に発症した食道静脈瘤の破裂だ。

 韓国芸能界を巡るこの手の話は日本でも何度か騒がれてきたが、真相は拍子抜けすることが少なくない。11年には当時人気を博した女性グループの少女時代やKARAを巡り、「枕営業」疑惑が一部の日本メディアで伝えられた。だがこれらもやはり、根拠の乏しい臆測にすぎない。

 その2年前には、女優チャン・ジャヨンの「性接待」疑惑が日本でも大々的に報じられた。チャンは09年3月、ソウル近郊の自宅で縊死。遺族の証言でうつ病による自殺とされたが、死の翌週に「性接待を強要されていた」ことを示唆する本人の文書が登場。韓国中を騒がす一大スキャンダルに発展する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る