ヨン様は自社株売却で35億ゲット…韓流スターのマネー事情

公開日: 更新日:

 韓国芸能人の上位1%は、年収20億800万ウオン(約1億7900万円)――。

 2017年10月、韓国の国会でこんな調査結果が公表された。それによると上位1%にあたる158人が芸能人全体の47・3%、さらに上位10%の1587人が同86・8%を稼ぐという。

 そんな高収入の芸能人がサイドビジネスを手がけるのは、どこの国も同じ。特に不動産バブルが過熱する韓国は、ベテラン俳優から若手アイドルまでマンションやビルの投資にいそしんでいる。現地メディアでは「今年の芸能界不動産長者は○○○」といった報道もおなじみだ。

 今年4月には地上波キー局のMBCが、芸能人の財テク&節税を取材・分析した。人気タレントの信用力を生かして資金の多くを融資で賄い、地方に住所を置いた法人名義での売買で節税……というのがその定番の手法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

もっと見る