米国でも存在感 SNSでトランプに一泡吹かせたK-POPファン

公開日: 更新日:

 オーディション企画「Nizi Project(虹プロ)」で、日本でもK―POP界の辣腕プロデューサーとして顔を売ったJ.Y.Parkことパク・ジニョン。だがその彼も、過去に女性グループWonder Girlsで手痛い失敗を経験している。

 2007年デビューのWonder Girlsは韓国で大成功を収めたが、人気絶頂だった2009年に突然アメリカへ進出。しかし鳴かず飛ばずに終わり、韓国では留守の間に市場を少女時代に奪われてしまった。

 アジアで強いK―POPも、欧米の壁は越えられない――。かつてはこう囁かれもしたが、もう過去の話だ。男性7人組の防弾少年団=BTSは2018年から今年にかけて、4作のアルバムが全て米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で1位を獲得。女性4人組のBLACKPINKも今年7月に同メインチャート「ホット100」で自己最高の33位に入るなど、快進撃が続く。「規格品のように作られたアイドル」といった批判はつきまとうが、10代を中心としたK―POP人気は高まる一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る