城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

ひき逃げ伊藤健太郎は罰金刑か…それでも復活が困難なワケ

公開日: 更新日:

 ひき逃げ事故を起こして逮捕された伊藤健太郎容疑者(23)がたった1日で釈放された。状況は明らかになっていて、証拠隠滅の可能性もほぼなく、有名人であるから逃亡のおそれもないということで、地検は勾留請求をしなかった。これを機にあれほど大騒ぎしていたメディアの報道もパタリとやんだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(20枚)

 処分保留でも裁判にはなると予想する人もいるが、略式起訴、略式裁判となって「罰金刑」で終わる可能性がないわけでもない。伊藤容疑者の弁護士としては被害者との示談を急ぎ、検察にその報告をしたいところだろう。これならたとえ裁判になっても、執行猶予が付くのは確実視されるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る