巨額違約金に活動自粛…伊藤健太郎の今後は山本舞香次第

公開日: 更新日:

 30日、道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕、送検された俳優の伊藤健太郎(23)が釈放された。夜8時すぎ、警視庁東京湾岸署から出てきた伊藤は、目に涙を浮かべながら一礼。「深く反省しています。本当に申し訳ありませんでした」と述べて頭を下げた。

【写真】この記事の関連写真を見る(20枚)

「伊藤は警視庁に『気が動転しパニックになってしまった』などと説明したそうですが、精神的にそれほどタフなタイプではないのでしょう。彼は三井住友銀行など大手企業のCMに出演し、公開中を含めて5本の映画を撮影済みです。所属事務所が負担するのか、本人が負担するのか分かりませんが、数億円単位の違約金が発生するといわれています。好青年のイメージで人気急上昇だっただけに“ひき逃げ”は印象が悪い。ダメージは計り知れません」(芸能ライター)

 伊藤はお調子者らしく、「挨拶ができない」といった悪評が次々と漏れてきている。しばらく芸能活動を自粛するしかなさそうだ。

伊藤とは半同棲状態

 痛手を負った伊藤を支えるとみられているのが、交際報道のあった女優の山本舞香(23)。今年1月に「FLASH」が“買い物デート”の様子を掲載したが、昨秋ごろ交際を開始し、現在は半同棲状態と伝えられている。その山本について〈今回の伊藤の逮捕を受けて憔悴し、目を腫らすほど号泣した様子だった〉という報道もあったが、そんなタマではなさそうだ。伊藤と共演した映画「とんかつDJアゲ太郎」の30日の舞台挨拶には予定通り出席し、笑顔で何度も手を振っていた。

「山本さんは空手の黒帯を持つ有段者で、小学6年生の時に鳥取県大会で優勝経験がある武闘派美人。強い目力が特徴的で、7月に公開された映画『今日から俺は!! 劇場版』で竹刀を振り回す女番長役を演じた際は“はまり役”と評判になりました。そんな山本さんがカレシが逮捕されたくらいで憔悴するとはにわかに思えませんでしたが、やはり映画の舞台挨拶には元気に登壇しました。今回の逮捕によって伊藤さんの肝の小ささを知り、山本さんが愛想を尽かす可能性もありそうです。ただ、見放さず、そばにいてあげれば伊藤さんが立ち直るのも案外早いかもしれません」(芸能評論家・佐々木博之氏)

 ケガを負わせた被害者はもちろん、関係先々におわび行脚を重ねる伊藤にとって、山本は何とも心強い存在に違いない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる