神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

ビジネス講談を開発 サラリーマンの定年後に焦点をあてた

公開日: 更新日:

 古典が王道の講談の中で、古典とは真逆で、一時もてはやされたのが松鯉師匠が開発したビジネス講談。サラリーマンにはちょっと気になる。

「昭和50年代の半ばぐらいですかね。私と落語家が三菱電機の労働組合の慰労会の余興に呼ばれて講談と落語をやることになりまして、その後の飲み会で定年問題が話題になったんです。定年を迎えた社員がその後、気が抜けちゃって、人生に張り合いがなくなり、鬱々としてる人が多いと嘆いていました」

 当時、社会問題になっていた定年後のサラリーマン人生。三菱電機は労使が一緒になってセカンドライフについて取り組んでいたという。

「定年問題は講談や落語になりませんかって聞かれまして。同行した落語家が『落語は無理だね』と答えたんです。でも、私は『講談ならできます』って言ったんですよ。そうしたらその後、三菱電機の労組からどーんと資料が届いた。大組織ですから社員の定年後の生活についてたくさん事例があるんですね。自殺したり離婚したり。悲劇的な定年後を迎える人が多かったんです。それで私が『惑いからの出発』という講談を作りました。定年以後に人生に惑いが出てくる。命がけで一生懸命働いて高度経済成長を成し遂げた人たちが定年後に、それまで誰も見たことのない抜け殻のような父ちゃんになる……。よりどころがなくなるんですよ。その惑いから抜け出し、新しい人生を出発させようという意味を込めて作りました。定年になってからでは遅いんですね。40代から定年の準備をしておくことをテーマにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る