神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

人気のある源平盛衰記「扇の的」はどのように楽しむ?

公開日: 更新日:

 講談のルーツとなった「軍談」を寄席ではどう楽しめばいいのか。

「軍談は『太平記』のほかに『源平盛衰記』などが語り継がれていますが、中でも人気があるのは『扇の的』ですね。私の十八番です(笑い)」

 源平、屋島の合戦では平家方から絶世の美女を乗せた一艘の舟が舟先に扇を立て、「この扇を射ることができるか」と源氏を挑発するようにこぎ出してくる。源氏の大将義経は若手の弓の名手である那須与一に「扇の的を射よ」と命じ、馬に乗った与一が海中に進んでいく……。「扇をどうやって射抜くか」という興味で客席がぐいぐいと引き込まれる。

 また、源平ものでオススメは「青葉の笛」。源氏方の武将、熊谷直実の話だ。一ノ谷の戦いで平家が劣勢の中、平家陣営から笛の音を聞いた直実が滅びゆく者の哀れを思う。直実はもはや負け戦となった平家の敦盛の首を取ろうとするが、敦盛がまだ16歳で直実の息子と同い年だと聞いて命を助けようとする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!