神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

人気のある源平盛衰記「扇の的」はどのように楽しむ?

公開日: 更新日:

 講談のルーツとなった「軍談」を寄席ではどう楽しめばいいのか。

「軍談は『太平記』のほかに『源平盛衰記』などが語り継がれていますが、中でも人気があるのは『扇の的』ですね。私の十八番です(笑い)」

 源平、屋島の合戦では平家方から絶世の美女を乗せた一艘の舟が舟先に扇を立て、「この扇を射ることができるか」と源氏を挑発するようにこぎ出してくる。源氏の大将義経は若手の弓の名手である那須与一に「扇の的を射よ」と命じ、馬に乗った与一が海中に進んでいく……。「扇をどうやって射抜くか」という興味で客席がぐいぐいと引き込まれる。

 また、源平ものでオススメは「青葉の笛」。源氏方の武将、熊谷直実の話だ。一ノ谷の戦いで平家が劣勢の中、平家陣営から笛の音を聞いた直実が滅びゆく者の哀れを思う。直実はもはや負け戦となった平家の敦盛の首を取ろうとするが、敦盛がまだ16歳で直実の息子と同い年だと聞いて命を助けようとする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る