碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

テレ東ドラマ「共演NG」“業界あるある”的なおかしさが満載

公開日: 更新日:

 大物俳優の遠山英二(中井貴一)と売れっ子女優の大園瞳(鈴木京香)。かつては恋人同士だったが別れてしまい、以来25年間も没交渉のままだ。そんな2人がドラマで共演することになった。さあ、どうなる? というのが「共演NG」(テレビ東京系)だ。

 この「業界内幕コメディー」最大の見どころは中井と鈴木が披露する振り切った演技にある。相手を「くそ女」「うんこ野郎」とののしり、自分が上位にいることを見せつけようと必死。その独特のプライドや見えの張り方も含め「業界あるある」的なおかしさが満載だ。

 しかも出演者の中には共演NGが複数存在する。たとえば時代劇の大御所(里見浩太朗)と元付き人でアメリカ帰りの俳優(堀部圭亮)。遠山と大園は見えないところで彼らをフォローし、その対立を緩和していく。元恋人たちの「いい作品にしよう」という共通の意思がほほえましい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る