碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

テレ朝「24 JAPAN」57歳の唐沢寿明の熱演には拍手だが…

公開日: 更新日:

 なんとびっくりの「24 -TWENTY FOUR-」リメークだ。その名も「24 JAPAN」ときた。

 アメリカでシーズン1が放送されたのは19年前。日本でも16年前のことだ。テレ朝のプロデューサーが「やりたい」と言い続けたそうだが、出すべき時期を逃した「証文の出し遅れ」感は否めない。とはいえキーファー・サザーランドが35歳で演じたジャック・バウアーを、57歳の唐沢寿明が引き受けたのだ。そりゃ見ないわけにいかない。

 そして9日の第1話。結論を急ぐなら、日本版というよりパロディー版と言うべき代物だ。まず「初の黒人大統領」候補と「初の女性総理」候補では、存在自体が持つ意味や重さがまるで違う。また暗殺計画なるものに対する緊迫感も異なる。だから本国版ではリアリティーを感じさせたCTU(テロ対策ユニット)も、こちらはセットのミニサイズ化と相まって何ともチャチくさいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る