碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「危険なビーナス」の吉高由里子は何者? 誰もが怪しい

公開日: 更新日:

 日曜劇場「危険なビーナス」が早くも中盤に差し掛かった。獣医の手島伯朗(妻夫木聡)の前に楓(吉高由里子)と名乗る女性が現れる。音信不通だった異父弟、矢神明人(染谷将太)の妻だ。しかも明人は行方不明。矢神家の「遺産争い」が原因だという楓の言葉に従い、伯朗はその渦中に飛び込んでいく。

 感心するのは第6話まで進んだ現在も、見る側を「よくわからない」状態に留め置いていることだ。登場人物は基本的に矢神家の関係者ばかりだが、全員が何かを隠し、誰もが怪しく見える。

 そして、このドラマ最大の謎が「楓とは何者なのか」だ。本当に明人の妻なのか。楓の狙いは何なのか。背後で矢神家の誰とつながりがあるのか。楓の正体が判明した時、展望は一気に開けるはずだ。それまでは制作陣が仕掛ける「ミスリード」を楽しむしかない。

 ビーナスとはギリシャ神話の「美と恋の女神」。そんな人間離れした存在かどうかはともかく、吉高はやけに軽いかと思うと、時折、思慮深いところも見せる、何とも「捉えどころのない」ヒロインを奔放に演じている。

 場面によって、「東京タラレバ娘」の倫子や「わたし、定時で帰ります。」の結衣が顔をのぞかせるのは、伯朗をはじめとする周囲の人たちだけでなく、見る側をも撹乱するためかもしれない。

 それにしても楓、君は一体誰なんだ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る