てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

解散覚悟でブレイクの的を射た すゑひろがりず最後の一矢

公開日: 更新日:

「ようやく自分『達矢』なんだと思えました」(すゑひろがりず三島達矢/テレビ朝日「ロンドンハーツ」11月17日放送)

 いまや「すゑ様」などと呼ばれ女性人気も高まっている「すゑひろがりず」。10代の若者の悩みに答えるという偽企画で「売れなかった時に心の支えになったものは?」と問われ、「奥さんと友達、そして『絶対に一矢報いてやるぞ』という意地」だったと答える三島達矢(38=写真右)。

 達矢という名前は「目標に向かって矢がスッと飛んでいくようなイメージ」で親が付けてくれた。昨年のM―1グランプリ(テレビ朝日)の決勝は「最後の弓矢」という気持ちで「折れている矢とか、曲がっている矢とか、先ついてないやつとか、いろんな矢を全部くくり合わせて的に向かって放ったら、壁がどーんと壊れた音がしました」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る