てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

野田クリスタルのゲーム芸はあえてバグを残して魅力を宿す

公開日: 更新日:

「今は開発側がちょっとミスやバグがあったら『はい、詫び石頂戴』って。『は?』ですよ」(野田クリスタルテレビ東京「勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~」10月17日放送)

 中学・高校時代に1日10時間以上プレーしていたというゲーム「リネージュ」を紹介するマヂカルラブリーの野田クリスタル(33)。オンラインゲームの先駆けで昔は本当に手作り、手探りだったと語り、「プレーヤーたちの地獄の修業によって作り上げた世界」と解説した。その上で語った言葉を今週は取り上げたい。

 ゲームバランスもおかしく、レベル51から52に上げるまで1年かかったそう。あるユーザーが計算すると、レベルMAXの150にするためには「13万年かかる」という結果が出たほどだ。

 野田はコンビとして「キングオブコント」(TBS)、「M―1グランプリ」(テレビ朝日)、ピンとして「R―1ぐらんぷり」(フジテレビ)の全てで決勝進出した史上初の“トリプルファイナリスト”。今年の「R―1」では、自作ゲームをその場でプレーするというネタで優勝を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る