てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

欲望に忠実な奇人 バイきんぐ・西村こそ「真の芸人」だ

公開日: 更新日:

「嫉妬とかじゃないですね。嫉妬じゃなくて、やっぱこいつ面白えなぁと思って見てますよ」(西村瑞樹/フジテレビ「ボクらの時代」10月11日放送)

バイきんぐ」の2人は小峠英二と西村瑞樹(43)とで、それぞれ“ピン”の仕事が多い。小峠はコンビで出演することについて、「西村が隣にいたほうが怖いよ。わけのわかんねぇこと言ったりすんだもん」と笑う。一方、共演したサンドウィッチマンに「自分じゃない人に鋭いツッコミをする小峠を見ると、ちょっと嫉妬しないの?」と問われた西村の答えが、今週の言葉だ。その芸人としての「自我」のなさは驚異的だ。

 オードリー若林は自分が司会だとしたら、ひな壇をどのような座組みにするか選ぶ企画「芸人ドラフト会議」で西村を5位に指名。その理由を「芸能界に執着がない人って番組に必要だと思うんすよ。番組の予定調和がそこでぐるっと壊れるんですよね」(テレビ朝日「アメトーーク!」17年4月13日)と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    <2>住民投票の新名称で市民が初めて知った「大阪市廃止」

もっと見る