本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

坂田利夫師匠は私生活で「アホの坂田」と言われるのは苦手

公開日: 更新日:

 ナインティナイン岡村君の電撃結婚で注目された、吉本独身芸人の会「アローン会」名誉会長でもある坂田利夫師匠。「おめでとう」と祝福しながら「わしもまだあきらめてへんで!」と意気軒高なメッセージを送ってらっしゃいました。

 私がお笑いの作家になってから、もう35年以上にわたってバラエティー番組やロケ番組で数えきれないほど仕事をさせていただいておりますが、ド派手なかぶり物を着たり、顔にペイントをされたり「大御所なのに、ようそこまでやらはるな……」という格好でも平気でこなし“プロ根性”を見せてくださいますが、素顔の坂田師匠はシャイで気が短い一面も……。

 もう30年近くも前の話ですが楽屋で「本多君、メシ行こ」と昼食に誘っていただき、外へ出た途端、通りすがりの人が「アホの坂田や!」と声をかけた瞬間、きびすを返して「気悪い、出前にしょう」とそのまま楽屋へ逆戻り。「アホでかわいがってもうてんのにな……(素で)言われんのん嫌やねん、なんぎなこっちゃ」と照れ笑い。私生活で「アホ」と言われるのは苦手でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る