本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

木村祐一のマルチな活躍を支える旺盛な探究心とこだわり

公開日: 更新日:

 芸人、俳優、映画監督、コラムニスト、料理人等々……いくつもの顔を持ち、マルチの範疇には到底収まりきらない才能あふれるマルチタレント「キム兄」こと木村祐一君。

 初めて出会ったのは、「オールディーズ」というコンビで漫才をやっていた1980年代の後半だったでしょうか。あいさつをする程度で深い付き合いはありませんでしたが、その後、ピン芸人になり、吉本新喜劇に出演し始めた頃から楽屋で少しずつ話をするようになりました。

 一見すると怖そうに見えるかもしれませんが、礼儀正しく、最近は顔を合わせると「体調どう?」とお互いに聞き合う“おじさん仲間”です。

 食関係の本を何冊も出版し、グルメでも知られるキム兄は「おいしい店がある」と聞くと、自分で味を確かめにいきます。

 テレビ番組などで披露されるキム兄の料理を見ていても、その探求心の旺盛さが垣間見られると思いますが、劇場で演じている「木村祐一SHOW写術」を機会があればぜひ見ていただきたいと思います。内容はテレビやネットなどでもよく見かける、街で見かけた面白い看板や、変わった建物などを紹介していくものですが、ある時、「あのネタの情報はどうやって集めてるの? やっぱりネットとか? 口コミとか?」と聞くと、「あれは自分で探してるんですよ。東京都内のJR、私鉄の駅は全部行きましたね」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る