高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

石橋静河 クールな外見とひょうきんな素顔のサラブレッド

公開日: 更新日:

 ドラマやCMで話題を集める若手女優は、10代から20代前半が中心となることが多い。しかし、最近は20代後半から30代にも期待の新鋭女優が少なくない。

 2021年に注目したいOVER25の女優を9人選び(順不同)、雑誌などでインタビューしたときのエピソードを交え、その魅力に迫りたい。

 ◇  ◇  ◇

 石橋静河は、昨年秋に森七菜主演のドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)で中村倫也の元カノ役を演じた。洗練された都会的な存在感の中にある親しみやすさと憂いの表情が魅力的で、たたずまいに「ヒロイン性」とも言うべきものを持っている女優だ。

 新垣結衣浜辺美波清原果耶らが主演向きの孤高の魅力を持つ女優であるのに対し、石橋は新木優子山本美月らと並ぶヒロイン(主演男性俳優の相手役となる女性1番手)のポジションでこそ持ち味が生きる女優という気がする。野球で言えば派手な4番打者タイプではないが、5番にいるとチームメートに安心感を与える――そんなタイプの女優だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る