櫻井翔に足りない役者の評価…4月ドラマに賭ける意気込み

公開日: 更新日:

 4月期に放送予定の連続ドラマ「ネメシス」(仮題、日本テレビ系)。内容は未発表ながら、嵐・櫻井翔(39)と広瀬すず(22)のダブル主演で、橋本環奈(21)、上白石萌音(23)といった旬の若手女優の名前がラインナップされていることから早くも話題になっている。

 特に上白石は、14日にスタートしたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の出演と丸被りになので、“強引なキャスティング”ともいえる。共演者を鉄壁の布陣で固める日本テレビとジャニーズ事務所からは“絶対にドラマを成功させる”という強い意気込みを感じる。

 日本テレビ関係者によれば、「ネメシス」は映画化とパッケージになっているという。フジテレビが成功させた「コンフィデンスマンJP」のような青写真を描いているようだ。もっとも、それ以上に関係者が注目しているのが櫻井の役者生命だ。

■「謎解きはディナーのあとで」以来ヒットなし

 櫻井は2011年10月期の連続ドラマ「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)で北川景子(34)とダブル共演し、平均視聴率15.9%のヒットを記録。13年8月公開の同名映画も興行収入32億5000万円を叩き出した。ところが、その後が続かず。忙しいスケジュールの合間を縫って年間1本のペースで俳優を続けてきたが、運と脚本に恵まれなかったのか、「謎解き」を上回る成績を残す作品にはめぐり会えていない。最後の仕事は17年10月期の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で、平均視聴率は約9%。共演者に蒼井優(35)、多部未華子(32)といった演技派を揃えておきながらこの数字では厳しい。いつしか、櫻井は映画・ドラマ業界で“役者失格”の烙印を押されつつあった。それがなぜ今、連ドラの舞台に帰って来るのか。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント