SALLiA(サリア)
著者のコラム一覧
SALLiA(サリア)歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合 ランキング3位 を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

YOASOBIの1stアルバムを解析 配信王者が伝えるCDの魅力

公開日: 更新日:

 キャッチーなメロディラインと、透明感溢れるどこか人間離れしたボーカル。昨年を代表する一曲といえる「夜に駆ける」で、昨年末の紅白歌合戦にも出場し、ストリーミング再生回数は2億回を突破。配信リリースだけなのに年間チャート1位を獲得するという歴史的快挙を成し遂げた音楽ユニット「YOASOBI」。そんな今をときめく彼らが、初のCD作品となる「THE BOOK」を1月6日に発売した。

 今作は、YOASOBIのデビュー曲にして、現時点での代表曲である「夜に駆ける」はもちろん、ブルボン「アルフォートミニチョコレート」のCMソングである「群青」や、映画「たぶん」の主題歌「たぶん」、Google pixel5のCMソングの「アンコール」など、全9曲が収録されている。

 さらに3月24日には初のCDシングルとなる『怪物/優しい彗星』(両A面)を発売する予定だ。両曲はそれぞれ、アニメ「BEASTARS」(フジテレビ系)の第二期オープニングテーマ、エンディングテーマに起用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る