三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

桂宮治は芸も人間性も完璧!私なら天狗も天狗の大天狗に…

公開日: 更新日:

 今回は桂宮治さんについて書きましょう。山田邦子さんも吉川潮先生も取り上げてるのに同業者の私が触れないわけにはいきませんからね。

 ただ問題なのが私は宮治(ここからは後輩なので呼び捨て)に会ったことがありません。というのが私が所属してるのは落語協会で宮治が所属してるのは落語芸術協会なので寄席で顔を合わせることがないんです。それでも地方の仕事やホール落語で一緒になっててもおかしくないのに会ったことがありません。これはきっと私の仕事量の方に問題があって宮治のせいではありません。さらに落語を見たこともありません。でもきっと面白いというのは想像がつきます。何しろ二つ目になって早々にありとあらゆる賞レースで優勝しててその名前はあっという間に業界内にとどろいてましたから。

 もし私だったらこれほどの実績があったら天狗も天狗の大天狗になってることでしょう。でも彼からはそんな噂も聞きません。そして写真で顔を見ると芸人らしい顔をしてますね。華があって明るくて楽しくてお客さんを掴むのもうまいんでしょう。あと「成金」というユニットを作って芸歴の近い仲間と活動を始めたときには「一人で売れちゃえばいいのに」とゲスな私は思いましたが、そこから神田伯山や柳亭小痴楽もブレークしてますから己だけでなく芸術協会ひいては落語界全体の活性化をも考える高い志の持ち主なんでしょう。その上家族思いだそうです。入門前から結婚した奥さんと3人の子供をこよなく愛してるそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る